ビルトイン洗濯機 排水のニオイを防臭ゴムで改善

スポンサーリンク
スポンサーリンク
↪水道修理をしてみる

ビルトイン洗濯機とはキッチンなどに組み込まれている洗濯機です。洗濯機自体に大きな違いはありませんが、キッチンに納まりスッキリしています。何か臭うという事で原因を探りに行きました。臭いの原因は現場に行かなければ解りません。

スポンサーリンク

臭いの正体は?

排水の流れは悪くないが何か臭う…意外とある事です。今は器具ごとにトラップが付いているので、そうそう臭う事は無くなっているのですが各部品の劣化などで起きます。今回のビルトイン洗濯機、
キッチンに設置してあります。カウンターの下にスッキリ納まっています。スペースの関係で洗濯機の置き場所に困ったとき重宝します。海外製が多いですかね?
このタイプはだいたいこの様に脇に給水・排水が配置されています。一般的な洗濯機ですと床の排水管に排水トラップを付けるか、洗濯パンを設置しています

洗濯機用排水トラップ

これが洗濯機用排水トラップになります。排水管にササっています。そしてこちらが、洗濯パン。

洗濯パン

原理は一緒でトラップに水を貯めて、排水管からのニオイを防ぎます。この水を封水と言いますが、これが無くなると臭う原因となります。無くなる原因としては、

髪の毛・糸くず等により毛細管現象を起こし封水が失われる。
髪の毛等を伝って封水が排水管に流れていき、封水が失われ臭いだします。
排水管の通気不足により封水が失われる。
下記に書きましたが、排水が流れる時に空気がうまく取り込めないとトラップの封水が吸われていく場合があります。ゴボゴボ音等がそれで、そうするとトラップの封水が失われ臭いだします。
詰まっている場合もありますが、排水通気弁を取付ける事により解消する時もあります。現場確認の上となります

本題に戻ります、ビルトイン洗濯機の排水はホースを排水管に差し込み、ビニールテープで巻いている事が多く今回もそうでした。良く見ると
劣化なのか塞がっていませんでした。おそらくこれが原因で臭ったのでしょう。ビニールテープを巻き直せば良いのですが、万全を期すために防臭ゴムも装着して改善していきます

防臭ゴムを取付ける

その名の通り臭いを防ぐ為のゴムです。
排水管・ホースの口径により数種類ありますまずはビニールテープを外し、ホースを取出します。
ホースに防臭ゴムを差込んで、
排水管に差します。
本来必要ありませんが念の為、ビニールテープも巻きます
設置してスグ臭いが軽減したように感じましたが、これでしばらく様子を見ます。

前述の通り、洗濯機の排水には通常使いませんが今回の様なビルトイン洗濯機ですと使った方が良いようです。防臭ゴムを使用するのは主に

・キッチン
・洗面台、洗面器
・手洗器
の排水に使用しています。これらの器具の扉などを開けた時に臭うようでしたら、防臭ゴムが怪しいです。劣化はしていきますので気になったら業者に連絡を、工事もすぐ終わりますので放置しないようにしてください。付いていない場合もありますので確認が必要です
臭いの感じ方は人それぞれなので、実は難しいです。お客さんは臭うと言っても、自分は感じない…こんな事もありました。ですが気になったら是非連絡をしましょう、ストレスになるので早めの対処が必要です。空振りでも良いのでそうして下さい。
臭うという事は排水管と排水ホース等に隙間があるという事です。臭いもそうなのですが、お湯を排水すると湯気も流れます。この湯気も厄介で隙間から上がってしまうと、キッチンや洗面台の底板を傷める事になります
床板がふやけた様になっていたり、湿気っぽいようでしたら要注意です。臭わなくても湯気などが通る隙間がある可能性があるので確認する必要があります。年末に向けて大掃除をする時に気が付く人が多いです。気になったら即対応、長く使う秘訣になります

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました