洗面台 ポップアップ排水栓の修理 引き棒・ワイヤーに異常を感じたら早急に部品交換を

↪水道修理をしてみる

洗面台のポップアップ式排水の修理をしました。ポップアップ式とは引き棒により、排水栓の蓋を上げ下げする排水方式です。ゴム栓式よりも便利で、排水口を触らずに済みます。ほとんどの場合は部品交換で直りますので参考になれば。

スポンサーリンク

ポップアップ式排水

洗面台の排水方式はいくつかありますが、ポップアップ式が主流ですかね?
このような引き棒を上げ下げする事により、排水栓の蓋を開け閉めします。

チョットわかりづらいですが、今回は上げると開いて・下げると閉まります。水を溜めたい時にゴム栓よりも簡単で助かります。この引き棒が抜けた…
通常は接続されているので、抜ける事はありません。これが抜けたという事は異常があるという事です。また、引き棒を動かしても排水栓が動かない場合も何らかの異常があります。
排水栓自体はただ入っているだけなので、手で取れますが引き棒が機能していないと排水口が閉まりっぱなしの状態になってしまいます。部品交換で直りますので以下に手順を。

引き棒が抜けた…

キャビネットの中を見ると、
水・湯・排水トラップ・シャワーホース等があります。排水トラップの上から黒い線が出ています。ワイヤーでこれが引き棒に繋がっています。
繋がっているように見えるのですが、ワイヤーを引っ張たら抜けた…ここに異常がありそうです。確認してみると、
正常な状態は、
先端が玉になっていてこれが引き棒に接続されます。
見事に玉が無くなっています…経年劣化でスッポ抜けました。こうなると交換しか手がありません。

部品交換

ワイヤーだけの交換という訳にはいかないので、排水トラップの上の部分を交換します
排水トラップはそのまま使用します。
部品としてはこれで1セットになっています。新しい部品をセットします。
若干デザインが変わっていますが仕様は変わらず、戻します。
引き棒の仕様が変わっている場合があるので、この部品を一緒に交換する方が無難です。
この引き棒に、
ワイヤーの玉を引っ掛けます。
ナットを締め込めばOKです。
これで繋がり、抜ける事も無くなります。このナットが外れていて排水栓が動かない事が有りました。引き棒が機能しない場合はまずこのナットを確認して、緩んだり・抜けていた場合は締めてみます。それでも直らない時は今回の様に部品交換となります。
排水栓を戻し、動作確認をして完了です。

メーカー・機種により部品は違いますので確認が必要です。作業としては難しくは無いのですが、漏水すると洗面台自体を痛める事になるので是非プロに頼みましょう。

引き棒が機能しないと排水栓を外して使用しなければなりません。そうすると糸ようじ・綿棒・ピンセットなどが排水に流れてしまう事があります。実際何度も見ているのですが、排水トラップに引っ掛かり詰まりの原因となります。

異常を感知したらすぐ修理、時間が経てば経つほど難しくなる場合も有ります。ストレスにもなるので早めの行動を心掛けましょう。意外と修理で直る場合が多いので、問い合わせて快適に使用しましょう。手洗いが重要な時期ですので、洗面台が使えない時間を短くして安全・安心な生活を

排水金具一式交換も書きました

ポップアップ排水栓だけでは無く、排水口・トラップも交換した記事を書きました。合わせてご覧下さい。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました