INAX(LIXIL)便器の漏水修理 便器とタンクの接続部の場合

↪水道修理をしてみる

今はLIXILとなりましたが、私にはINAXがしっくりきます。名前としては残っていますので今回はINAXでいきます。特有の接続をしていますので、あえてINAX便器としました。便器廻り等濡れているようでしたら修理が必要なので、放置せずにすぐ対処しましょう。

スポンサーリンク

便器のフチに水が…

床に水が有り気付きました。(ホースは関係ありません。)
この場合まずは便器と床の接続を疑います。後は地道に色んなところを触り・目視して・水を流しながら確認していきます。温水洗浄便座も本体から漏れる事があるので、いろんな可能性を探ります。そして行き着いたのが
ここでした。タンクの水が便器に入っていく箇所です。ここがINAX特有になっているのでザっと流れを

タンクを外す

まずはシャワートイレ(INAX名)を外します。
外すと濡れていました、ここで間違いなさそうです。タンクを外すと、
この黒い部品にタンクが繋がっています。
この繋ぎ方はINAXだけです。この部品を変えれば直るはず。
外すとこうなっており、新しい部品と交換します。
同じようにセット。

無事完了

黒い部品にタンクを差す感じになっています
無事通水試験をクリア、何回か流しても漏れなかったので完了です。ちなみにタンクの中は、
カバーを外すと、
結構な部品が収納されています。調子悪い時に何とかしようとイジリだすとドツボにはまりますので、プロに頼みましょう。

床に滲みが出来た時に気づく事がほとんどですね。漏水個所としては今回の便器とタンクの接続部・タンクへの給水・温水洗浄便座・便器と床の接続部等があります。昔の便器ですと便器が結露する場合が有り、漏水と間違える時もあります。

タオル等を置きやり過ごしているとひどくなる場合があるので、気付いたら即依頼して確認してもらう事を推奨します。かなり古かったり・特殊な便器の場合、部品が無く便器交換となる事も想定されるので確認が必要です。

たいした事ないからいいやとスッポとくと床がボロボロに…本当にあった話で、便器を外したら床が腐っていた事は何回か経験しています。修理で済めば大した金額では無かったのに大工事に、何て事にならない様に気が付いたら行動しましょう。

水道屋だけの工事で済めば、時間もお金もさほど掛かりませんので、とにかく連絡を。毎日気にする必要はありませんが、掃除の際についでにチョット気にして見て下さい。頻繁には起こらないので一手間だけは惜しまずに

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました