スポンサーリンク

雨水タンク 購入前の確認1 たて樋の形状・種類

雨水活用を始めるには
スポンサーリンク
スポンサーリンク

たて樋とは

☔ 雨樋と言っていますが、雨水タンクの集水器を付けるのは、たて樋と言います。解りやすい図が有りました。

雨水タンクを紹介しながら事前準備などを疎かにしていたので、反省を込めて紹介していきます。

たて樋の種類

たて樋と言っても、材質・形状など様々です。家のたて樋をマジマジと見た事はそう無いと思います。このサイトは大変参考になります。
竪樋の4つの基本知識

 💧材質  塩ビ製・金属製など
 💧形状  円柱形・角柱形・鎖型など
 💧サイズ 直径55~70mmなど

しっかり確認しましょう、集水器も変わってきます。雨水タンクを購入する際、集水器が附属しているものが多くあります。
購入先に確認が必要になります。ほとんどのものが、取付は自分で行うタイプで、附属品が対応していなければ、集水器だけ別途購入となります。

たて樋を切る道具はシャーパー・パイプソー、コチラを参照してください。

集水器が付かず、雨水タンクの設置が先延ばし、こんな事態は避けましょう。形状は見て判断は付くと思うので、サイズはメジャー等で事前に測っておきましょう。
メーカーが分かっていれば良いですが、最善なのは施工業者さんに確認です。後は写真などで、購入先と打合せになります。

デザインやどこに置くかで、雨水タンクは選んで良いと思います。ただ、雨水を繋がなければ無用の長物と化します。
それだけは絶対避けてもらいたいので、事前準備はしっかりと!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク