スポンサーリンク

自動水栓に変えて、新型コロナ対策 接触感染を少しでも減らしましょう

↪新型コロナ対策
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナ対策を水廻りで考える

新型コロナウイルス、拡大の一途です。東京にも緊急事態宣言が発令され、落着かない日々が続きそうです。水廻りで接触場面と言えば、水栓(蛇口)ですね。キッチン・手洗い・洗面・シャワー・外水栓、ウイルスは暫く留まっているとの事。この機会に、自動水栓考えてみませんか?ハンドルなどの操作部に触らずに、センサーなどで水の出し・止めを行います。

デパートなどの商業施設では一般的になりつつあり、消費電力なども低減され使いやすさも向上しています。家庭での普及はマダマダですが、これを機に拡がる可能性はあります。

キッチン水栓

自動キッチン水栓

水の出るところの黒い四角部分、ここに手をかざすと水が出て・止まります。
残念ながら温度調整・水流切替などは、実際に手で行わなければなりませんが、通常タイプのものに比べれば格段に触る回数は減ります
乾電池式や浄水機能も付いているものがあります。キッチンもスッキリしますし、何より家事の負担軽減になります。新型コロナ対策しながら、楽ちん生活が送れます。

手に泡などが付いている時など、とても便利です。家事中は作業に没頭してしまうでしょうから、いちいち気にせずにウイルス対策になれば煩わしさの解消にも繋がります。


コチラはLIXILのページになります。詳細情報やカタログもありますので、心ゆくまで選んでください

洗面水栓

自動洗面水栓

こちらも正面の黒い四角部分に手をかざすだけです。洗面は一般家庭では、毎日全員使うでしょうから効果としては、洗面が一番効果的かもしれません
洗面水栓のバリエーションは多く、取付できるかの確認は重要です。今付いている洗面水栓のメーカー・型番が分かるようでしたらメモしておいて下さい。取付可能かの判断が付きやすくなります

アクアオート

この様なタイプもあります。主に商業施設などのトイレの洗面に設置してあります。規格さえ合えば家庭でも取り付けが可能です。機能は色々と付いていますが、きれい除菌水搭載のモデルはなかなか良いです。新型コロナ対策としての消毒とまではいきませんが、洗面器を清潔に保ってくれるし、次に使う人に対して配慮することも出来ます。きれい除菌水についてはコチラにも書きましたが、

清潔に保つことの重要性がクローズアップされているので、水栓を交換する事でグレードアップできます。コチラTOTOのページです。きれい除菌水に付いても解説していますので参考にして下さい。

これはさすがにプロに頼んで下さい。電気工事が必要な場合もありますので、現場を確認してもらいましょう。自動水栓を自分で用意するのは、有りです。その代わり必ず確認を。洗面台・水栓のメーカー・型番等が分かれば事前に知らせるとスムーズにいきます。購入したが取付出来ませんはシャレになりません。

手洗い・うがい・マスク…やれる事は何でもやる。家でも対策が取れる事は実は結構あったりします。今しか使えないものではないので、色々見直してみましょう
第2弾書きました。

その他レバーハンドルやタッチスイッチ水栓なども新型コロナ対策となりますので、下の関連記事から探して・確認してみて下さい

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク