スポンサーリンク

雨水タンク自作用道具 インパクトドライバー これ1台で作業をスムーズに

↪雨水タンク自作用 道具・材料
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インパクトドライバーとは

インパクトドライバー 見たり・聞いたりしたことはあると思います。これも仕事の必需品です。雨水タンク自作用と書いていますが、DIYでも市販の雨水タンク設置にも重宝します。

     インパクトドライバー

写真をタップ・クリックすると、商品ページが開きます。

充電式でコンセントが無いところでも使用出来、屋外での作業にはもってこいです。くれぐれも充電はお忘れなく

セット内容

この様なセットです。バッテリーが2個あれば、充電切れの際助かります。

色んな作業が出来ます

ネジ・ボルト・ナット等を締める・外す。木・金属・プラスチック等に穴を開ける・ヤスリを掛ける。とにかく色んなことが出来ます。

電動なので作業が楽になります。ビットの種類も豊富です。

ネジ・ボルト・ナット用

これはそのままインパクトドライバーにワンタッチで装着できます。

ホルソー

上記のようなビットの場合、チャックが必要になります。

チャック

チャック自体はインパクトドライバーにワンタッチ装着。

ちょこっと作業例を

雨水タンクではないですが、プラスチックに穴開けをしたのでそちらを。バケツなどを使用して雨水タンクにする場合があります。立派な自作雨水タンクです。

取水口・蛇口取付口・オーバーフローなど、穴を開けて部品を取り付ける必要があります

写真をタップ・クリックすると拡大します

穴を開ける位置を決め下穴を開ける。そして、ホルソーで穴開け。チャックは1つあればいろんなビットを使うことが出来ます。ホルソーの径も各種ありますので、部品を確認の上決定して下さい。大き過ぎれば漏水の原因、小さ過ぎると入りません

簡単にあきます、数秒です。金属用なので、プラスチックなら瞬殺です。開けた後は表面を滑らかにします。バリといって、削りカスが残るのでカッターで平らにしていってください。
凸凹があると、これも漏水の原因となります。漏水チェックをして、完了です。

もちろん雨水にて。

便利なので、使ってみよう

部屋に棚が欲しいとか、絵を飾りたいとか、時計を掛けたいとか、組立式の家具など使える場面は多数あります。あの時あったらな~と感じた人もいるのではないでしょうか。あれば何かしようという気持ちも沸きあがってきます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました