スポンサーリンク

洗濯水栓 上部パッキンを交換して、漏水を修繕

↪水道修理をしてみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水栓上部パッキン

三角パッキンとも言います。平たいパッキンではなく、山型のパッキンになっています。
今回はこのパッキン交換の手順を書いていきます。

洗濯水栓

ハンドル下に漏水、まず止水栓で水を止めます。

マイナスドライバーで、右へ回し水を止めます。回らなくなるまで回します。
次にハンドルを外す。

マイナスドライバーなどで、水・湯識別キャップを外します。外すとビスがありますのでプラスドライバーで緩めると、ハンドルが外れます。このナットの中に三角パッキンが、入っています。
この漏水の場合は、このパッキンの劣化が考えられるので交換します。

プライヤーで右へ回し、ナットをとると三角パッキンがありますので、古いものを外し、新しいものへ交換。

逆の手順で、ナット・ハンドル・キャップを戻して、完了です。通水して、漏水が無いことを確認。
ナットは六角になっている場合が、ありますので、その時はモンキーレンチを使って下さい。

この洗濯水栓の様に、家の水道を全て止めずに1つの水栓だけ、水を止めることが出来る様、止水栓を備えているものがあります。修理中も他の水道は使えるので、便利です。
シャワー・キッチン水栓・トイレなどもそうなっています、そちらも紹介していきます。
部品・道具は通販・ホームセンターで手に入ります。調べるだけでも、面白いですよ。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク