キッチン用浄水カートリッジの交換2 水栓内蔵型カートリッジの交換方法

↪附帯設備を見直そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビルトイン・アンダーシンク型に続き、水栓内蔵型。水栓のヘッド部分にカートリッジが内蔵されています。交換方法も簡単で手軽に浄水生活が送れます。自分で出来ますので、説明書を片手にトライして下さい。

浄水カートリッジ内蔵水栓

浄水方法はおおまかに、ビルトイン・アンダーシンク型・水栓内蔵型・水栓直結型。ビルトイン・アンダーシンク型は書きましたが、今回は水栓内蔵型にいきます
水栓のヘッドにカートリッジが内蔵されており、先端部分で操作をするタイプになります。

ワンホール水栓
デッキ水栓

ヘッドのレバーで水道水・浄水等の切替えを行い、水流もストレート・シャワー等、使用場面に合わせて選べます
カートリッジが入っている分、一般的な水栓に比べて太く・ゴッツイ感じになりますが、浄水水栓が無く、カートリッジを別に置く必要が無いので、キッチンがスッキリします。キッチンの形状・サイズ等を考慮して浄水方法も検討する事になります
今内蔵型の水栓ではなくても、ほとんどの場合交換可能ですので、メーカー・業者に是非確認してみて下さい。水栓を変えるだけですので、大掛かりな工事にはなりません


ちなみに水栓直結型はこの様なタイプです。

水栓直結型

水の出るところ、スパウトに取付けます。アダプターも色々付いているので、取付けられる機種は多いです。手軽に取付・交換が出来、ドンドン高機能になってきています。水栓柱の水栓にも取付可能なので、ペットの為にと思ってる方にはコチラが良いかもしれません。

カートリッジ交換

今回のキッチン水栓はコチラ。

赤丸にカートリッジが内蔵されています。交換も簡単に出来、水道を止める必要もありません。ビルトイン・アンダーシンク型の時には引き出しを外すなどの手間がありましたが、今回はほぼどけるものも無くスッと作業に入れます

ヘッドを回せば外れます。メーカーにより形状は異なりますが、外し方はほとんど同じです。この水栓の場合は、一番先端のダイアルで水道水・浄水・シャワー等の切り替えを行います。

これがカートリッジになります。ヘッドにはめている感じで、これを新しいものに付け替えて戻すだけです。向きがありますので間違えないように、ただ間違えるとはまりませんので、上下を変えて装着して下さい。

新しいカートリッジをヘッドにはめ、水栓本体に戻して完了です。ほぼこのタイプの水栓はこの作業の流れでいけると思います。しばらく浄水モードで水を流し、濁りなどが無くなれば使用可能となります


ビルトイン・アンダーシンク型が使用期間・1年に対して、水栓内蔵型は4ヶ月位が多いです。大きさで致し方ないところですが、年3回ですので面倒くさがらず交換しましょう。水栓直結型は2ヶ月位になります。
メーカー・機種でカートリッジは違いますので、説明書を熟読して合うものを選んで下さい。購入して入らない…これだけは避けましょう。
3個セットの1年分で売っている場合が多いです。1個でも買えますが、多少お安くなっています。変えなければいけない物なので、1年分購入して時期でサッと変えられるようにしておいた方が、慌てずに済みます。

劇的に水の味が変わるというものではありませんが、料理などには良いようです。しばらく使ってから浄水を使わずに飲むと、違いが判ります。今の水道は処理方法も高度になっているので、神経質になる必要はありませんが、チョットした設備で体にも良いものになりますので、検討してみる価値はあると思います

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク