キッチン用浄水カートリッジの交換 ビルトイン・アンダーシンク型カートリッジの交換方法

↪附帯設備を見直そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浄水器カートリッジの交換方法です。ビルトイン・アンダーシンク型をやってみました。一般的なタイプですので、是非参考にして下さい。カートリッジを交換せず放置しておくと、かえって悪い水になりますので、必ず定期的に交換しましょう。

交換前の準備

カートリッジには寿命がありますので、確認の上使用して下さい。使用期間で決められている場合が多く、使用水量の目安も書いてありますが、いちいち覚えている訳にもいかないので期間を交換の目安としましょう。
水の出が悪くなる事も目安になります。期間が近づき、水の出が悪くなってきたら交換して良いと思います。いずれにしても放置しておくと、水質悪化の原因となりますので必ず交換して下さい。

ビルトイン・アンダーシンク型、その名の通りシンク下の収納部分にカートリッジは設置してあります。
このキッチンは引き出しタイプですので、まず引き出しを外します。

引き出しは簡単に外せますが、メーカー・機種により異なりますので、取扱説明書を読んで確認して下さい。扉タイプでしたらただ開けるだけです。シンク下はこの様になっています

右にあるのが浄水カートリッジです。最近のキッチンはこの様なタイプが多いと思います。

止水栓・右が水で左が湯、ほぼこの配置になっており壁から出ているタイプもあります。この止水栓があるおかげで、修理や交換の時に家中の水を止める事無く、キッチンだけの止水が可能になります。作業効率が良いだけで無く、作業中もトイレなどを使用できるメリットがあります。

カートリッジを外す

では交換します。まずは先ほどの止水栓で水を止めます。給水止水栓の上にもう一つ止水栓があり、これが浄水用の止水栓となっています。

赤丸がそれで、これが付いていない場合もあります。その時は下のハンドルの止水栓を締めて止めて下さい。止水栓の種類としてはこのハンドル式・マイナスネジ式が一般的です。共に反時計回りで止水でき、トイレ・洗面台などにも設置されています

ビルトイン・アンダーシンク型は浄水専用水栓が付いているか、キッチン水栓に接続するタイプかどちらかになります。今回は専用水栓タイプになり、カートリッジ交換方法に変わりはありません

止水栓から浄水水栓を介し、カートリッジへと繋がっています。浄水水栓から水が出ない事を確認して、カートリッジを外します

カートリッジを手前に引き出します。ホースに柔軟性はありますが、急に動かすとグニッと折れてしまう恐れがあるので優しく扱いましょう。

ほとんどのメーカーがこのタイプになっており、リングを引き上げると簡単にホースが抜けるようになっています。もう一本も同様に外し、新しいカートリッジと交換します。

新しいカートリッジに交換する

新しいカートリッジにホースを接続します。ホースは交換しません。漏水しているなら当然交換ですが、今のところホースまで交換したことはありません。ホースだけでも取り寄せ可能ですのでご確認を。

水のIN・OUTが色分けされているので、間違える事無くセットできます。ワンタッチでカチッと音がすればOKです。念のため引っ張ってみて抜けないか確認を。

止水栓を開いて、浄水水栓から水を出します。カートリッジ内の空気を抜くためカートリッジを振ります。

この様な要領で数回振ります。自然に抜けてはいきますので適度に。浄水水栓を締めて水が止まることを確認。浄水水栓は他の水栓に比べて、水の止まりが遅いです。ポタポタとしばらくは落ちてきます。5~10分落ちてくるようでしたら、パッキン不良の可能性がありますので浄水水栓の修理を検討して下さい。

カートリッジホルダーが付いている場合はそこに入れて、元の位置に設置します。ホルダーは無い場合もあります。ホースが引き出し側にはみ出ると、引き出しが閉まらなくなるのでしっかり収納しましょう。

引き出しを外すことは滅多にないので、この機会に掃除もしてみて下さい

引き出しを戻して完了となります。
浄水は一般的になりました、付いているご家庭も多いでしょう。せっかく付けているのですから、メンテナンスを怠らず取扱説明書に従い適切に使用していきましょう。

だいたい使用期間・1年が多く、頻繁に交換しなければならないものでは無いので、交換時期をメモしておき期間が近づいてきたら、気にして下さい。きっちり1年しか使えないものでは無いので適宜ご判断を。
他のタイプも載せていきます、リクエストがあればコメント・お問い合わせよりお願いします。


他のメーカーのものも交換方法はほとんど変わらないので参考に。基本的には取付可能だとは思いますが、保証の問題が発生しかねないので交換は同じメーカーにしておくのが無難です。除去できる物質等が変わってくるので、カートリッジのメーカー・種類を変えたい場合は浄水器丸ごと交換して水栓・カートリッジを同じメーカーにすることを推奨します。
料理・氷など重宝します。ミネラルウオーターもいいですが、水栓から出てくる便利さを堪能して下さい

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク