雨水本1 橋本淳司さんの水に関する 良書を紹介

↪雨水・水問題等 の本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

☔ 私の尊敬する 橋本淳司さん
私は雨水一辺倒ですが、橋本さんは全般に対して造詣が深い。いつも良質な情報を提供してもらっています。そこでいくつか、良書を紹介。

☔ まずはコチラ

衝撃的なタイトル
日本・世界の事情が満載です、プラス自分たちには何が出来るか、何を為すべきかを考えさせられます。

☔ 続いて

タイトル通り、日本では問題の重要性が軽んじられている。身近な生活のシーンで
問題を感じられる内容が具体的に示されています。

☔ 最後に

日本の水源の危機に言及しています。我々の享受している気を付けて見ていないと、いつの間にか外国のものになっている。使う側としても、水源にまで想いを馳せなければこの国のは本当に無くなるかも・・・

☀ まだまだあるのですが今回はこの辺で、また紹介します。どれも10年程前の著書ですが”今”と錯覚してしまうほど現状でも問題です。警鐘を鳴らし続けてくれる存在が現代どれほど有益か。新型コロナもそうですが専門家による科学的知見が、問題を解決していくのでしょう。雨水活用の理由・動機、この原点になっています。
今回紹介
世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日

水問題の重要性に気づいていない日本人 「おいしい水の話」から「酸性雨の話」まで   

日本の「水」がなくなる日 (主婦の友新書)

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク