バングラデシュ雨水タンク4 タイジャー雨水活用編

↪AmamizuタンクプロジェクトⅠ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

☔ 今回の目的がタイジャーの技術移転なのでタイをメインに行ってきました。今しばらくお付き合いを。引き続きコンケン。とにかくどの家庭にも設置されていました。突然伺っても、いやな顔もせず対応してもらいました。
CIMG1044.jpg

写真をタップ・クリックすると拡大します

この様にモデルも引き受けてもらいました。普通に飲用です。

☔ いよいよ今回ガイドを務めてくれた、コンケン大学の学生ミーンちゃん、これはニックネームだそうです。向こうではニックネームで呼ぶそうです。
タイヌードル店へ。

CIMG1049.jpg

今回最多のタイジャー数、生活用水とタイヌードルにも使われています。

CIMG1048.jpg

モデルは弟君。

CIMG1050.jpg

おいしく頂きました。

☔ 近くの小学校へ。
CIMG1053.jpgどこの国も変わらないですね。かつてこの様な雨水タンクが行政側からあてがわれたようです。無料で設置し、管理は人任せ。しかも、家庭に配るのではなくこの様な公共施設に約1.000人分の雨水タンクをど~んと。管理されずほとんど使われなくなったそうです。
CIMG1055.jpg最近はこの様なプラスチック雨水タンクも有るそうですが、水にプラスチックの臭いがするそうです。しかも高い…
CIMG1056.jpg元消防団員の血が出てしまいました。
CIMG1060.jpg
見守られつつ…

☀ いよいよバングラデシュに乗り込みます。雨水活用に関しては、羨ましい限りでした。エコだ何だではなく、生活の一部となっておりそして、欠かせないものに。水道水は一度も飲みませんでしたが、雨水は何度も飲みました。ろ過や殺菌など一切していません。臭いも無く・にごりも無く・普通に飲め、体も大丈夫です。

日本の雨水も基本的には大丈夫なはずです。放射能の話はまた別の機会に…いざ、バングラデシュへ。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク