やってみよう雨水利用2 路地尊編

↪やってみよう雨水利用 すみだ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨 さぼりにさぼっていました。ようやく2回目…気を取り直して、今回は路地尊です。
路地尊とは、墨田区のHPより。

路地の安全を守るシンボルです。名前の由来は「地域のコミュニティの場であり、災害時には避難路になる路地を大切にしながら自分たちの手でまちを守ろう」という防災まちづくりの考え方から、その名が付けられました。

今回これを見たくて参加したと言ってもいいくらいです。

EL16.jpg

写真をタップ・クリックすると拡大します

雨水はこの隣の家の雨樋から入れています。

EL17.jpg

雨水はこの浄化装置を経て、雨水タンクへ入ります。この中に細かい石が入っており、汚れを取り除いています。数ヶ月に一度くらいの頻度で清掃するそうです。雨水タンクの中までは見れませんでしたが、結構きれいだそうです。

EL18.jpg

花の季節になると、近所の人たちが植木を持ち寄り自分たちで世話をしながら、皆さんの目を和ませているそうです。

EL19.jpg

昔ながらの手押しポンプ。力もいれずに雨水が出てきました。

晴れ 墨田区には数箇所この路地尊があります。
この路地尊、雨水タンク容量は3t、地面の下に埋設されています。実際に近くの火事の初期消火にも活躍したそうです。基本的に雨水は誰でも使用できます。

夏には水遊びもしているそうです。地域コミュニティの中心となっています。実際に使い・楽しみ・実用的という面では、最高の施設ではないでしょうか。三鷹市に作る、一つの目標です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク